私たちがデザインの際に考えていること

私たちが出来ること

トータルデザイン

私たちエフェクトはデザイン制作を中心とした創作活動を行っております。

手掛けるデザインには領域はありません。
「私たちは○○が専門です。」ではお客様にコスト面や発注の手間をかけるだけでなく、企業やショップのブランドイメージ統一を計るのに大切な部分が抜け落ちてしまっていると感じます。

「このカタログはいいね。」「ウェブサイトはいいね。」とお客様やユーザーに「は」を言われないようにするためにも、トータルにデザインイメージを制作して、紙もウェブも対応し、コストや手間を考え、その企業やショップの「考えていることや想い」に合わせたイメージやデザインをトータルに制作していくのが私たちエフェクトが考えるデザイン制作会社の役割だと考えています。

私たちがデザインの際に考えていること。

デザインはコミュニケーションツール

私たちは見た目だけのデザイン制作ではなく、常にあらゆるユーザーの目線を意識して、各ツールをすべて「ユーザーとのコミュニケーションツール」と考えています。

ツールにコミュニケーション能力を求めるのは何故か?
私たちはクライアントさんの要望だけを汲み取りデザイン制作をすると、
「片方向」の視点でしか広告宣伝物を見れなくなります。当たり前ですがクライアントさんの要望に沿ったデザインは出来ますが、ユーザーから見た場合はどうでしょう?

私たちはただデザイン制作をするだけではなく、「どこでどのように使用しするのか?」を想像しながら「ユーザーの目線」で考え、
ユーザーとのコミュニケーション力や情報収集(マーケティング)などを考え、あえて「俯瞰の目」でデザイン制作をするように心がけています。

ページトップへ