私たちがデザインの際に考えていること

Thinks|私たちが考えていること。


私たちが考えていること。

エフェクトはデザイン制作を中心とした制作活動を行っております。
手掛けるデザインに媒体の領域はありません。

「私たちは○○が専門です。」ではお客さまにコスト面や発注の手間をかけるだけでなく、媒体ごとの「トンマナ」のギャップをなくし、いろいろな媒体を見たお客様が安定したクリエイティブ(制作物)の雰囲気・印象に一貫性を持たせることが企業や製品、サービスの信用に繋がると考えています。

私たちはお客さまがどのような動線で各媒体にたどり着くのか、どのシーンで各媒体を見るのかを考えて制作していきます。各媒体に役割分担を持たせ、お客様を各媒体で誘導するのが私たちの役割だとも考えています。





見た目だけのデザイン制作ではなく、常にあらゆるお客さまの目線を意識して、各ツールをすべて「お客さまとのコミュニケーションツール」と考えています。

ツールにコミュニケーション能力を求めるのは何故か?
クライアントさんの要望だけを汲み取りデザイン制作をすると、「片方向」のクライアント側のみの視点になってしまいますが、お客様側から見た場合はどうでしょうか?

ただデザイン制作をするだけではなく、「各媒体の役割分担」を考えながら「お客様の目線」で考え、お客様が見やすく、わかりやすく、よりシンプルに、「お客様の目」でデザイン制作をするように心がけています。

ページトップへ